読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ODBCデータソースアドミニストレータ

システム系

64bitの端末に対して。

Oracleclientを一回アンインストールして、再度インストールしたときのはなし。

 

アンインストール前にODBCデータソースを消すのを忘れて、変なレジストリが残った。

残ってしまったレジストリは直で消すしかない。

場所は検索したら出てくる。

 

また、再度インストールして、ODBCドライバもちゃんと入っているのにODBCデータソースアドミニストレーターからドライバを見つけられなかった。

これは64bit端末に32bitのオラクルクライアントをインストールしたせい。

ODBCデータソースアドミニストレータは64bit版と32bit版があって、64bitの端末の管理ツールから起動したODBCデータソースアドミニストレータは64bit版なので、32bitのドライバーは表示してくれない。

解決するには、32bitのODBCデータソースアドミニストレータを起動して、そこでDNSを設定すること。

32bitのODBCデータソースアドミニストレータの場所は検索したらでてくる。

SYSWOW64みたいな名前のフォルダにある。