読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oracleバックアップ

Oracleバックアップについて

 

差分増分

→前回のバックアップからの増分をとる

メリット:バックアップの時間が短い。

デメリット:リカバリの時間が長い。

 

累積増分

→基準のバックアップからの増分をとる

デメリット:バックアップの時間が長い。

メリット:リカバリの時間が短い。

 

増分更新

→前回のバックアップからの増分をとり

 基準のバックアップに更新する

メリット:リストアの時間が短い。

デメリット:バックアップの時間が長い。

 

オラクルのおすすめは増分更新。

 

バックアップのコマンドに「AS COPY」をつけるとイメージファイルになる。

ただし「plus archivelog」は指定できなくなる。これを指定するとアーカイブログのバックアップがとれる。

 

完全リカバリ

→直前のバックアップと

 直前のアーカイブログを戻す。

 

不完全リカバリ

(最新バックアップまで)

→直前のバックアップを戻す。

 

不完全リカバリ

(過去の一時点まで)

→戻したい過去のバックアップと

 その後のアーカイブログを任意で戻す。

 

RMANで制御ファイルを戻すと、次にオープンするときにリセットログを指定しないといけなくなる。

リセットログをしたら、同じ内容の別のデータベース。DBIDが違うくなる。